ヨーロッパの夏時間 - Summer time in Europe - Wikipedia

ウィキペディア、フリー百科事典から

Pin
Send
Share
Send

ヨーロッパの夏時間 ほとんどの場合に適用される標準クロック時間の変動です ヨーロッパ人 国(以外 アイスランド, ジョージア, ベラルーシ, 七面鳥、および ロシア)春から秋にかけて、季節の日光を最大限に活用するために、他の年に観測された時刻から1時間ずつ時計を進めます。それはの概念と実践に対応しています 夏時間 (DST)世界の他の多くの地域で見られます。

夏の時間が観察されるヨーロッパのすべての場所で( EU, EFTA および関連国)、ヨーロッパの夏時間は01:00に始まります UTC/ウェット (02:00 CET, 03:00 EET)3月の最終日曜日で、01:00 UTC(02:00)に終了します。 西, 03:00 CEST, 04:00 EEST)毎年10月の最終日曜日。つまり、変更はすべてのタイムゾーンで同じ絶対時間に行われます。 欧州連合指令 2000/84 / ECは、EU加盟国(海外領土を除く)に夏時間の遵守を義務付けていますが、この指令を廃止し、加盟国が独自の選択を遵守することを要求する提案があります【注1】 2020年7月現在、通年で立法手続きが行われています。.

夏時間は、3月の最後の日曜日が28日以降の場合、30週間続き、それ以外の場合は31週間続きます。

歴史

サマータイムは、 第一次世界大戦。しかし、ほとんどの国は戦後、この慣習を中止しました。その後、さまざまな国で再開されました。 第二次世界大戦 そしてその直後。再びそれは1950年代までに広くキャンセルされましたが、1960年代後半まで、孤立したケースで再導入されました。 1960年代後半から1970年代初頭のエネルギー危機 政策立案者に大陸全体にサマータイムを再導入するよう促し始めました。それ以来、ほとんどのヨーロッパ諸国で使用され続けています。

歴史的に、ヨーロッパの国々は夏の時間を観察するためのさまざまな慣行を持っていましたが、これは輸送、通信、および移動の調整を妨げました。 1981年から 欧州委員会 発行を開始しました ディレクティブ 加盟国に夏時間の調和した開始日と終了日を法制化することを要求する。[1]

1981年以降、各指令では、UTC 01:00の移行時刻と3月の最終日曜日の開始日が指定されていますが、終了日は異なります。連続指令は、終了の2つの日付を定めました。1つは大陸加盟国によって適用された9月の最終日曜日、もう1つは英国とアイルランドの10月の第4日曜日です。[1] 1996年に、すべての国で終了日が10月の第4日曜日に変更されました。[2] 1998年に、終了日は10月の最終日曜日に変更されました。これはたまたま1996年と1997年の以前の規則と同じでした。[3] 9番目の指令である指令2000/84 / ECは、現在(2018)施行されており、この規則を指定しています。[4]

未来

2015年と2016年にメンバーからの提案がありました 欧州議会 夏時間の遵守を廃止するが、 欧州委員会 当時、変更を支持する決定的な証拠が見つからなかったとして、検討すべき提案を提出しなかった。 加盟諸国 分割されました。ただし、加盟国の夏季規則の調和が失われた場合、費用が発生することに留意した。[5][6] 2017年、フィンランドとリトアニアの議会はどちらも、ポーランドとスウェーデンから同様の批判を受けて、夏時間を再検討するようEUに求める提案に賛成票を投じました。当時の欧州委員会はその慣行を検討していました。[7][8]

2018年2月8日、欧州議会は、欧州委員会に欧州のDSTを再評価するよう要請することを決議しました。[9] 460万人のヨーロッパ市民が参加したウェブ調査の結果、年に2回時計を切り替えないことに対する高い支持が示されました。[10] 2018年9月12日、欧州委員会は、季節的な時計の変更に終止符を打つことを提案することを決定しました(指令2000/84 / ECを廃止)。[11] これが有効であるために、標準 欧州連合の立法手続き それを含めて従う必要があります 欧州連合理事会 そしてその 欧州議会 両方が提案を承認する必要があります。[12]

この提案の下で、加盟国は2019年3月31日までに一年中どの時期を監視するかを決定することが期待されていました。しかし、これは多くの人からかなり厳しいタイムスケールと見なされていました。[13][14] ザ・ Internet Assigned Numbers Authority、への変更を調整します タイムゾーンデータベース ほとんどのコンピューターとスマートフォンで使用されており、「1年以内の通知で、ソフトウェアとデータの更新の伝播が遅れるため、変更後に一部のコンピューターベースの時計が正しく動作しない可能性が高い」と述べています。[15] 航空業界は、特にEU域外のフライトでスロットの可用性を確保するという観点から、すべての航空会社のスケジュールを改訂することの複雑さを指摘し、現状を維持するか、少なくとも2021年まで変更を延期することを推奨しています。[16] 2018年10月29日のEU運輸大臣の非公式会合は、多くの加盟国が「非現実的な」スケジュールを支持せず、実施を2021年に延期する可能性があることを示唆しました。[14]

議論は、例えば、一年中の「冬時間」のサポートを示しています。デンマーク、オランダ(UTC + 01:00)、およびフィンランド(UTC + 02:00)ポルトガルでは恒久的な夏の時間がサポートされていました(UTC + 01:00)、ポーランド(UTC + 02:00)、およびキプロス(UTC + 03:00).[13] スペインの意見はこの問題に関して分かれています。本土は主にへの移行を支持しています UTCバレアレス諸島 続けたい UTC + 01:00 そしてその カナリア諸島 オン UTC-01:00.[17]

2019年3月4日、欧州議会運輸観光委員会は委員会の提案を23票から11票で承認しました。ただし、スムーズな移行を確実にするために、開始日は早くても2021年まで延期され、委員会は各国の決定を確実にする必要があります。冬または夏の時間を維持するために調整され、内部市場を混乱させません。[18] この決定は、3月26日に欧州議会全体によって確認されました。今では閣僚評議会によって承認されなければなりません。[19] 2020年7月現在、この承認はまだ得られていません。[20] 指令案では、加盟国は現在の夏時間にとどまるかどうかを選択できます。その場合、最後の移行は2021年3月の最終日曜日になります。それとも、現在の冬時間になります。 2021年10月の最終日曜日。[21]

アイルランド政府による協議では、調査対象者の80%が、北アイルランドと共和国の間で異なるタイムゾーンをもたらすいかなる措置も支持しないことがわかりました。 2019年7月、アイルランドは提案された指令への反対を発表し、この問題について他のEU加盟国に働きかける予定です。欧州人口の少なくとも65%を代表する加盟国の55%の適格多数派は、閣僚評議会が指令を実施するために必要とされています。[22] 英国では、 貴族院 2019年7月に新しい調査を開始し、ヨーロッパの変化の影響を検討し、行われるべき準備と英国の対応に情報を与えるべき要因を調査しました。[23] イギリス EUを去った 2020年1月31日、改革が発効する前。 EUの規則は、移行期間中(2020年12月31日までまたは延長)も引き続き適用されますが、その後、英国は独自の取り決めを行うことを選択できます。[24][25] したがって、英国が夏/冬時間を監視し続けるとしたら、 北アイルランド 1年のうち30週間または31週間、残りの週と1時間の時差があります。 アイルランド または英国の他の地域と。[26] 2018年9月、英国政府は夏時間を終了する「計画はない」と述べました。[27]

2020年10月現在、決定は欧州連合理事会によって確認されていません。[28] 理事会は委員会に詳細な影響評価を作成するよう要請しましたが、委員会は、理事会で共通の立場を見つける責任は加盟国にあると考えています。[29] その結果、問題の進行は事実上ブロックされます。[30]

ヨーロッパ夏時間の移行日の表

ヨーロッパの夏時間 始まります (時計は進みます)3月の最終日曜日の01:00 UTC、および 終了します (時計が戻ります)10月の最終日曜日の01:00 UTC:

開始終わり
2004年3月28日2004年10月31日
2005年3月27日2005年10月30日
2006年3月26日2006年10月29日
2007年3月25日2007年10月28日
2008年3月30日2008年10月26日
2009年3月29日2009年10月25日
2010年3月28日2010年10月31日
2011年3月27日2011年10月30日
2012年3月25日2012年10月28日
2013年3月31日2013年10月27日
2014年3月30日2014年10月26日
2015年3月29日2015年10月25日
2016年3月27日2016年10月30日
2017年3月26日2017年10月29日
2018年3月25日2018年10月28日
2019年3月31日2019年10月27日
2020年3月29日2020年10月25日
2021年3月28日2021年10月31日【注2】
2022年3月27日?2022年10月30日?
2023年3月26日?2023年10月29日?

ダブルサマータイム

「ダブルサマータイム」(現地の冬時間の2時間前)は、特に1921年、1941年から45年、および1947年にいくつかの機会に観察されています。参照:

夏時間との間で切り替わらない国

夏時間を使わないが、一年中同じ時間を保つ4つの国があります。

自分たちよりもさらに東の地域に割り当てられたタイムゾーンを使用するため、「永続的な」夏の時間を使用していると考える人もいます。ベラルーシは、2011年以降の夏の時間(以前は呼ばれていた)に恒久的に滞在することを明示的に決定しました。

スペイン、フランス、ベルギー、オランダも、中央ヨーロッパ時間帯の西に位置しているため、冬の間は「夏時間」、夏の間は「二重夏時間」を観測していると考えることができます。

  • ベラルーシ 2011年春に夏時間に切り替えましたが、標準時間に戻らず、現在監視中です。 UTC + 03:00 一年中。ベラルーシの中点の経度は東経28度で、UTC +1.8に対応します。
  • アイスランド 観察する UTC + 00:00 経度(13°W-24°W)にあるにもかかわらず、一年中 UTC-01:00。アイスランドの高緯度(国の人口のほぼ3分の2が住むレイキャビク地域は 北緯64度)は、日没と日の出の時刻が1年で何時間も変化することを意味し、時計を1時間変更した場合の影響は比較的小さくなります。
  • ロシア 2011年から2014年まで「恒久的な夏の時間」を使用しました。2014年10月、ロシアは恒久的に標準時間に戻りました(UTC + 03:00)モスクワを含む国の西部では、他のヨーロッパ諸国と同じ時間に時計を1時間戻しました。[31]
  • 七面鳥 2016年9月に夏時間を停止することを決定しましたが、継続することを決定しました UTC + 03:00 元のタイムゾーンに戻すのではなく、年間を通じて UTC + 02:00.

現地観測

ヨーロッパのほとんどでは、単語 各ヨーロッパ人の名前に追加されます タイムゾーン この期間中:したがって、 UTC + 01:00 タイムゾーン、 中央ヨーロッパ時間 になります 中央ヨーロッパ夏時間 (UTC + 02:00).

オーストリア

オーストリア 1916〜 1918年、1920年、1940〜1948年の夏時間を使用( ナチスドイツ 1940年から1945年の間)、そして1980年以来。

オーストリア-ハンガリー

オーストリア-ハンガリー 1916年、1917年、1918年の第一次世界大戦中に夏の時間を使用しました。 ドイツ帝国.

ブルガリア

夏の時間は、ブルガリアの大臣評議会の規制により、1979年にブルガリアで導入されました。ブルガリアは、夏季の欧州連合の規則を順守しています。[32]

クロアチア

クロアチア の一部でした ユーゴスラビア 1983年に夏の時間が導入されたので。ユーゴスラビアはヨーロッパで夏の時間を導入した最後の国でした。で独立を得た後 クロアチアの独立戦争 1992年、クロアチアは中央ヨーロッパの方法に従って、3月の最終日曜日と10月の最終日曜日に、それぞれ9月の最終日曜日から1995年まで時間を変更しました。

チェコ共和国

の中に ボヘミア王国 夏時間は、第一次世界大戦中の1916年から1918年までの3シーズンに使用されましたが、 オーストリア・ハンガリー帝国.

第二次世界大戦中、 ボヘミアとモラビアの保護領 になりました デファクト 一部の ナチスドイツ、1940年から夏時間が使用されました。1940/ 1941年と1941/1942年には、夏時間は冬の間も継続的に維持されました。

チェコ共和国 その後も夏時間を使い続けました チェコスロバキアの解散 1993年。

チェコスロバキア

チェコスロバキア 1945年から1949年までと1979年から1992年までの夏の時間を使用しました。1946/ 1947年の冬(12月1日から2月23日まで)では、 冬時間 (CET + 01:00)を使用しました。

デンマーク

夏の時間はで観察されています デンマーク 1980年以来。夏時間に対する全国協会(Landsforeningen mod Sommertid)が存在し、[33] これは、2018年8月にEU委員会の予備決定を祝ったものです。[34]

フェロー諸島

フェロー諸島は1981年以来夏の時間を観察しています。[35] 島々はEUの一部ではなかったので、夏の時間を観察するという決定はそれ自身のものでした。

グリーンランド

の一部 デンマーク王国, グリーンランド ヨーロッパと同時に夏の時間を観察します。したがって、夏時間は00:00から始まります。 東グリーンランド時間 日曜日、および土曜日の22:00 West Greenland Timeで、日曜日の01:00EGSTおよび土曜日の23:00WGSTで終了します。これは、グリーンランドが現地の規則なしに合法的にデンマークの一部であった1980年に導入されました。最も他のEU 海外の国と地域 夏の時間を守らないでください。会社の決定に基づく例外は、周辺の北東海岸です。 デンマークシャウン (UTC通年) スーリー空軍基地 (続く 大西洋標準時 観察します 米国およびカナダの規則に従って).

エストニア

エストニア 1990〜 1996年と2000〜 2001年には、夏時間は使用されませんでした。 1981年から1989年にソビエトの支配下で使用されました。

フィンランド

フィンランドでは、1981年以来、夏時間が定期的に使用されています。

市民のイニシアチブ 夏時間を廃止するために、70,000人のフィンランド市民が署名しました。 2017年6月にフィンランド議会に提出されました。[36][37]

フランスとモナコ

フランスとモナコが続く 中央ヨーロッパ時間 そして 中央ヨーロッパ夏時間。彼らは夏時間の開始時間と終了時間と日付に関するEUの規則を適用します。

1923年から第二次世界大戦まで、フランスとモナコは3月の最後の土曜日から10月の最初の土曜日までの夏の時間を観察しました。第二次世界大戦中、フランスは夏の時期も観察しました。しかし、戦後、その慣行は放棄されました(国がタイムゾーンを変更したため、 デファクト 恒久的な夏の時間)。 1976年に、夏の時間は次の理由で再実装されました 石油危機.[38]

以来 UTC + 00:00 フランスの「自然な」タイムゾーンです(極値 UTC-0:20からUTC + 0:38に対応)、その使用 UTC + 01:00 冬にはの形として見ることができます 夏時間、中央ヨーロッパ夏時間の使用中(UTC + 02:00)夏は「ダブルサマータイム」の一形態と見ることができます。[39]

ドイツ

夏の時間は最初に導入されました 第一次世界大戦 によって ドイツ帝国 1916年から1918年まで。戦争の終結と布告の後 ワイマール共和国 1918年11月、夏時間は観測されなくなりました。夏の時間は1940年に再導入されました 第二次世界大戦、のためにエネルギーを節約しようとする 戦時経済。ドイツの敗北後、夏時間は占領軍によって保持されました。 1945年、 ベルリン そしてソビエト占領地域も観察されました 中央ヨーロッパの真夏の時間 (MitteleuropäischeHochsommerzeit, MEHSZ; GMT + 03:00):1947年、ドイツ全土が5月11日から6月29日まで真夏の時間に切り替わりました。後に 連邦共和国 (西ドイツ)と ドイツ民主共和国 (東ドイツ)は1949年に設立され、1950年に夏の時期は再び観測されなくなりました。

1978年、 西ドイツ の余波でいくつかの近隣の州によって設定された例に従って、夏の時間を再導入することを決定しました 1973年の石油危機。しかし、それは西と西の後に1980年にのみ発効しました 東ドイツ 3月の最終日曜日(02:00 CET)から9月の最終日曜日(03:00 CEST)まで同時に夏時間を観測することに合意しました。したがって、両方のドイツの州は、 ドイツ再統一 1990年に、再統一されたドイツは法律を保持し、したがって時間法も保持しました(Zeitgesetz)西ドイツの。

1980年以降、西ドイツと東ドイツ。 1991年以来ドイツを再統一: 中央ヨーロッパ夏時間.[40]

ビュージンゲンアムホッホライン、スイスの領土に完全に囲まれたドイツの小さな飛び地は、1980年に夏時間を実施しませんでしたが、スイスと同じ時期に観測されました。したがって、この村と他の村との間には1時間の時差がありました ドイツ。のために tzデータベース、ゾーンEurope / Busingenは、2013aリリースで作成されました。[41] なぜなら Unix時間 1970年の時代、ビュージンゲンアムホッホラインは時計を共有しました チューリッヒ、しかし毎年ドイツではありません。[42]

ドイツは EU 夏時間の開始時間と終了時間および日付に関する規則。

ギリシャ

夏の時間は、1932年7月6日から9月1日までギリシャで最初に導入されましたが、その後すぐに放棄されました。

1970年代初頭、および多くのヨーロッパ諸国がエネルギーを節約するために夏時間を実施するようになった1973年のエネルギー危機の余波で、ギリシャは1975年に3月から9月の期間に夏時間を再導入しました。

1997年以来、ギリシャは EU 夏時間の開始時間と終了時間および日付に関する規則。[43][44][45]

ハンガリー

夏時間は1916年にハンガリーで最初に導入され、1919年まで観察されました。その後、夏時間は1941年から1949年と1954年から1957年の間に使用されました。夏時間は1980年から再び使用されており、EUの規則に従います。

アイスランド

アイスランド 使用 UTC + 00:00 しかし、1968年4月以来夏時間を使用していません。1908年から1968年まで、アイスランドはGMT-01:00を使用していました。夏時間は1917〜 1919年、1921年、1939〜1967年に使用されました。欧州連合指令2000/84 / ECは、 欧州経済領域、しかしアイスランドには特別な例外があります。[46]

アイルランド

の中に アイルランド共和国, アイルランドの標準時 (IST)(UTC + 01、 西ヨーロッパ夏時間)は夏の間(3月から10月)に観察されます。 ISTは「アイルランドの夏時間」と間違われることがありますが、これは正しくありません。冬時間(UTC + 00、 ウェット 今年の残りの期間に観察されます。

(北アイルランド、の一部として グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国、英国の時間を観察します。 2018年12月現在、これは他の部分と同じです アイルランド).

イタリア、サンマリノ、バチカン市国

夏時間は「oralegale」(文字通り「リーガルアワー」、法律で義務付けられているという事実を参照)として知られています。 イタリア、そしてそれは何度か採用され廃止されました:それは1916年から1920年までと1944年から1948年の間に観察されました。翌年に施行された法律が1965年に承認され、全国で夏時間の適用が義務付けられました。 1996年以来、それはと調整されています 欧州連合. サンマリノ そして バチカン市国 イタリアとのみ国境を共有し、イタリアと同じ時間を観察します。

オランダ

ザ・ オランダ 1909年まで標準化された時間を使用しませんでした アムステルダム時間 が導入されました。[要出典] アムステルダム時間はGMT(グリニッジ標準時)より19分32秒進んでいました。[要出典] 後で、これは簡単にするためにGMT + 00:20に修正されました。[要出典]

1940年、ドイツの居住者はオランダにドイツの夏時間であるCESTの監視を強制し、事実上1時間40分進めました。この時間は、通常の時計がドイツのDSTスイッチに従った1942年まで一年中有効でした。

DSTの使用は戦後すぐに放棄され、1977年に夏時間が再び観測されるまで再び観測されませんでした。[47]

ノルウェー

ノルウェーでは、1916年、1940〜45年、および1959〜65年に夏時間が観測されました。この取り決めは物議を醸し、1965年にノルウェー議会(ストーティング)練習を中止することに投票しました。彼らの隣人であるスウェーデンはそれを使用しませんでした。

しかし、1980年に(スウェーデンとデンマークとともに)夏の時間が再導入され、少なくとも2002年以降、ノルウェーはこの問題で欧州連合に追随してきました。[48]

ポーランド

ポーランドでは、「夏時間」が次の年に観察されました。

  • 1916–1919
  • 1940–1949
  • 1957–1964
  • 1977年–現在

1979年から1995年の間、夏時間の最終日は9月の最終日曜日でした。 1996年に、EUの他の国と同期するために、10月の最終日曜日に変更されました。

ポルトガル

たいていの ポルトガル 西ヨーロッパ時間と西ヨーロッパ夏時間を運営しています。

夏時間(地元では「HoradeVerão」で知られています)は1916年に導入されました。1922年、1923年、1925年、1930年、1933年、1950年、および1966年から1976年まで夏時間は適用されませんでした。[49]

何年もの間、公式の時間は マデイラ その1時間遅れていた リスボン、 そしてその アゾレス 2時間遅れました。[50] 今日のマデイラでは、公式の時刻はリスボンの時刻と同じであり、アゾレス諸島では、リスボンから1時間遅れています。ポルトガルの夏時間の開始日と終了日は、EUの他の地域のパターンに従います。[51][52]

ルーマニア

ルーマニアの夏時間(地元では「OradeVară」で知られています)は、1932年(5月22日から10月2日まで)に最初に導入されました。 1933年から1940年の間、夏時間は4月の第1日曜日に始まり、10月の第1日曜日に終わりました。夏時間は1941年に放棄され、1979年に再導入されました。1996年まで、いくつかの例外を除いて、ルーマニアの夏時間は欧州連合の規則に従います。[53]

ロシア

の法令 ロシア臨時政府 夏の時間を導入しました(ロシア: летнеевремя)で ロシア 1917年7月1日、時計は1時間進みました。 A 法令ソビエト政府 5か月後、このシステムは廃止されました。12月28日、時計は再び1時間戻りました。[54]

1930年から、 法令時間 ソビエト連邦で一年中タイムゾーンの進歩を課す効果がありました。

の決定 ソ連閣僚会議 で夏時間を再導入しました ソビエト連邦 (モスクワサマータイム、例えば)1981年4月1日、その慣行は2011年までソビエト後の時代まで続いた。 ロシア 他のヨーロッパ諸国と同じでしたが、すべてのゾーンで現地時間の02:00に時計が前後に移動しました。したがって、モスクワでは(現地時間= UTC + 03:00 冬に、 UTC + 04:00 夏季)、サマータイムは3月の最終日曜日の前日の02:00 UTCに始まり、10月の最終日曜日の前日の03:00UTCに終わりました。 (「最終日曜日の前日」は、最終日が土曜日である月の「最終土曜日」と同じではないことに注意してください。)

午前9時6分の夜の黒い空(UTC + 04:00)2013年12月23日 モスクワ

2011年2月8日、ロシア大統領 ドミトリー・メドヴェージェフ 夏時間への恒久的な切り替えを支持して、ロシアでの年2回の時計変更のキャンセルを発表しました。 2011年3月に最後に1時間が追加され、時計が再び戻ることはありませんでした。同時に、ロシアのいくつかのタイムゾーンが統合されました。[55] この改革の後、多くのロシアの都市は、「天文時間」によって示唆されるよりも2時間長い「標準時」を持っていました(元の標準時はすでに多くの地域で天文時間より進んでいたため)。[55]

彼の間に 2012年の選挙運動, ウラジーミル・プーチン 一部の労働者は、仕事に行ったときに太陽が昇っていなかったため、冬の間は夏時間が見られないと不満を言っていたため、夏時間を再導入することを提案しました。[56] の報告によると インターナショナルヘラルドトリビューン、ロシア市民は、2011年から2012年の冬を、時間の変化の結果として「記録上最も暗い冬」として思い出しました。[55] しかし、プーチン大統領は後に、メドベージェフ首相の内閣が季節的なタイムシフトをどのように進めるかを決定することになると述べ、2011年の方針を維持することを決定しました。[55]

2014年10月26日、ロシアは恒久的に「冬」の時期に戻りました。[57][58]

スロバキア

スロバキア 使用される夏の時間(地元では Letnýčas)1916年、1917年、1918年にオーストリア・ハンガリー帝国の一部として、その後1940年代初頭にナチス・ドイツの一部として、1979年から毎年 チェコスロバキア.

数年後、スロバキアは夏時間が3月の最後の週末(土曜日から日曜日の夜)に始まり、9月の最後の週末に終わるという規則を確立しました。[要出典]

後に チェコスロバキアの解散 1993年、スロバキアは夏の時間を使い続けました。 1996年以降、夏時間は約1か月延長されたため、欧州連合の規則に従い、10月の最後の週末まで続きます。

スロベニア

夏時間 スロベニア (地元では「Poletničas」として知られています)は、1983年から実践されるように1982年11月16日に導入されました。当時、スロベニアは ユーゴスラビア 共和国。同じ法律は、夏時間の終わりが10月の第1日曜日から10月の最終日曜日に変更された1996年まで有効でした。 2006年に欧州連合規格が採用され、現在でも使用されています。

スペイン

スペインを含む カナリア諸島 開始時間と終了時間および日付に関するEU規則を適用して、夏の時間があります。

1918年、スペインは初めて夏の時期を観察し、その後何度か導入および廃止されました。 1949年秋に廃止され、1974年に再導入されて以来使用されています。[59] スペインでは、1940年以前はGMT + 00:00、1940年以降はGMT + 01:00を標準時として使用していました。ザ・ カナリア諸島 標準時として、1946年以前はGMT-01:00、1946年以降はGMT + 00:00を使用しました。[60]

以来 UTC + 00:00 スペインの「自然な」タイムゾーンです(極値、カナリア諸島を除いて、UTC-0:37からUTC + 0:17に対応します)、その使用 UTC + 01:00 冬にはの形として見ることができます 夏時間、中央ヨーロッパ夏時間の使用中(UTC + 02:00)夏は「ダブルサマータイム」の一形態と見ることができます。[39]

スウェーデン

スウェーデン 夏時間はもともと1916年5月15日に導入されました。それは人気がなく、同じ年の9月30日、スウェーデンは一年中標準時に戻りました。これは半世紀以上続いた。

1980年4月6日、スウェーデンは再び夏時間を導入し、それ以来、スウェーデンでは毎年夏が観測されています。 1980年の導入を除いて、夏は常に3月の最終日曜日に始まります。 1980年から1995年までの9月の最終日曜日に終了し、1996年以降の10月の最終日曜日に終了しました。 EU また、EU以外のいくつかのヨーロッパ諸国でも同様です。

交通機関 Västtrafik 04:00に時計を変更するため、法定時刻に時計を変更した人は、03:30頃に出発する最後の路面電車が実際には10月の最後の週末に02:30になります。[61] 公共交通機関 SL 法定時刻に時計を変更し、10月の移行時間中に追加の出発を実行します。[62]

スイスとリヒテンシュタイン

ヨーロッパで最後から2番目の国(前のみ ユーゴスラビア )1981年に夏時間を採用することは スイス1978年の国民投票で52.1%の有権者が夏の時間を拒否したにもかかわらず。[63]1996年以来、スイスの夏時間はEUの規制に従っています。以前は1941年と1942年に使用されていました。[64] リヒテンシュタイン スイスと同じ時間を観察します。のドイツの村 ビュージンゲンアムホッホラインスイスの領土に完全に囲まれた小さな飛び地も、スイスと同じ時期に観測されます。 1980年には夏時間を実施せず、スイスと同じ時刻を観測したため、1980年には、ドイツの夏時間の実施中にビュージンゲンアムホクラインとその他の地域との間に1時間の時差がありました。 西ドイツ.

七面鳥

夏の時間はで紹介されました 七面鳥 1947年に、しかし1965年から1972年まで中断されました。1974年以来、トルコはヨーロッパの夏時間に従います。

2008年、トルコのエネルギー省は、トルコが夏時間を廃止すると同時に、 UTC + 02:30、元々は2009年以降ですが、これが実行不可能と思われる場合は、2011年に開始します。[65] それ以来、その計画は聞いていません。

2011年、トルコは3月27日に行われた国立大学入試の中断を避けるために3月28日月曜日の午前3時(03:00)にヨーロッパ夏時間に切り替えました。これは他のヨーロッパより1日遅れています。[66]

繰り返しになりますが、2014年、トルコは3月31日月曜日の午前3時(03:00)にヨーロッパの夏時間に切り替えました。これは、ヨーロッパの他の地域より1日遅れています。 地方選挙 3月30日に開催されました。[67]

2015年、トルコは、ヨーロッパの夏時間から11月8日日曜日の午前4時(04:00)に、他のヨーロッパより2週間遅れて、 スナップ総選挙 11月1日日曜日。[68]

2016年、トルコはニューターキータイムに切り替えることで冬時間を廃止しました。これは永続的であることを意味します UTC + 03:00、トルコで夏に使用されました。切り替えは9月8日木曜日の午前12:00(00:00)に行われ、実際には夏時間と冬時間の間で切り替えが停止されました。[69]

ウクライナ

夏の時間はで紹介されました ウクライナ 1980年代初頭。 1981年から1989年までこれは モスクワサマータイム; 1992年以来 東ヨーロッパ夏時間 使用されています。[70][71]

2011年9月20日 ヴェルホーヴナラーダ (ウクライナ議会)東ヨーロッパ夏時間から 東ヨーロッパ時間.[70][72] この変更は、ウクライナを 極東ヨーロッパ時間 ゾーン UTC + 03:00 ベラルーシとロシア西部(夏の時間を観察しない)と一緒に。しかし、2011年10月18日、議会はこれらの計画をキャンセルし、国は 東ヨーロッパ時間 予定通り。[71][73] 登録された349人の議員のうち295人の議員が賛成票を投じました。[71]

親ロシアの分離主義者の管理下にあるクリミア半島とウクライナ東部の地域は、 極東ヨーロッパ時間.[74]

イギリス

の中に イギリス、この期間中の現地時間は、 英国夏時間 (BST)(UTC + 01:00, 西)一方、その年の残りの現地時間は通常、 グリニッジ標準時 (GMT)、 (UTC + 00:00, ウェット).

法律:1916年夏時間法; 1922年夏時間法;時間(アイルランド)法、1916年;夏時間法、1925;緊急権(防衛)法、1939年; 1964年のサマータイムオーダー。 1967年サマータイムオーダー; 1972年夏時間法;サマータイムオーダー1997;サマータイムオーダー2002。[75]

英国は1968年から1970年の冬の間、GMTに戻らず、一年中CETのままでした。[要出典]

英国は、2020年1月31日のグリニッジ標準時23:00まで、欧州連合の加盟国でした。 1996年以降、欧州連合のすべての時計は、同じ日付で同じ瞬間の01:00 UTC + 00:00に夏または冬の時間に変更されました。[76] (したがって、夏時間は01:59:59に終了します UTC + 01:00).

  • 夏時間が始まります:3月の最後の日曜日
  • 夏時間の終了:10月の最終日曜日

ガーンジー, ジャージー、 そしてその マン島 英国と同じ時間を観察します。 ジブラルタル スペインと同じ時間を使用します。

2020年8月現在、英国政府は、この問題に関するEUの決定に関係なく、これらの日付に冬時間と夏時間を引き続き運用する予定であるようです。これは、 北アイルランド とは異なるタイムゾーンになります アイルランド共和国.

ノート

  1. ^ 現在のタイムゾーンの夏時間または冬時間のいずれかを選択する必要がありますが、義務はないため、新しいタイムゾーンを選択することもできます。
  2. ^ 現在の委員会の提案が閣僚評議会によって承認され、加盟国が一年中冬時間のままでいることを選択した場合、2021年10月の時計の変更が最後の時計の変更になります。

参考文献

  1. ^ a b 「夏時間の取り決めに関する指令2000/84 / ECの第5条に基づく、理事会、欧州議会、および欧州経済社会委員会への委員会からの連絡」。欧州委員会。 2007年11月23日。取得 3月8日 2015.
  2. ^ 「欧州委員会-モビリティと輸送:夏季」。 2014年10月24日。
  3. ^ ジョセフマイヤーズ(2007年1月21日)。 「英国の法定時間の歴史」。取得 3月24日 2007.
  4. ^ 「EUR-Lex-32000L0084-EN-EUR-Lex」. eur-lex.europa.eu.
  5. ^ 「夏:時計を変える」. epthinktank.eu。 2016年3月24日。
  6. ^ 「EUの政治家はDSTを削除するために発言します」. www.timeanddate.com.
  7. ^ フィンランドはEUが夏時間をあきらめることを望んでいます、Euractiv 27/10/17
  8. ^ リトアニアは夏時間を殺すことを望んでいます、Euractiv 22/11/17
  9. ^ 「欧州におけるDSTの再評価に対するEU議会の投票」. www.timeanddate.com.
  10. ^ 「欧州委員会-プレスリリース-プレスリリース-夏季協議:84%がヨーロッパに時計の変更をやめさせたい」. europa.eu.
  11. ^ 一般教書演説2018:季節的な時計の変更に終止符を打つという委員会の提案に関するQ&A 欧州委員会-プレスリリース(ストラスブール、2018年9月12日)
  12. ^ 「手順ファイル:2018/0332(COD)|立法天文台|欧州議会」. oeil.secure.europarl.europa.eu.
  13. ^ a b 「国はユンカーの時計変更計画に抵抗する」. ポリティコ。 2018年10月5日。
  14. ^ a b 「時計はEUの夏時間を採用しています」. BBCのニュース。 2018年10月29日。取得 10月30日 2018.
  15. ^ 「タイムゾーンと夏時間データのソース」. data.iana.org。 IANA。取得 10月24日 2018.
  16. ^ 「サマータイムアレンジメントに関する共同業界の立場」 (PDF). www.iata.org。 IATA。取得 10月28日 2018.
  17. ^ 「なぜスペインは最後に時計を戻すべきなのか」. ローカル。 2018年10月24日。取得 10月29日 2018.
  18. ^ 「夏時間と冬時間の切り替えは2021年に終了しますか?」. 欧州議会。 2019年3月4日。
  19. ^ 「ユーロの国会議員は夏時間の時計の変更を終了することに投票します」. BBCのニュース。 2019年3月26日。
  20. ^ 「EUR-Lex-52018PC0639-EN-EUR-Lex」. eur-lex.europa.eu.
  21. ^ ボフィー、ダニエル(2019年3月26日)。 「欧州議会は2021年から夏時間を廃止することに投票しました」. 保護者.
  22. ^ ハリソン、シェーン(2019年7月18日)。 「アイルランド政府はEUの時計変更計画に反対している」. BBCのニュース.
  23. ^ 「新しい調査で調査された時計の変更を終了することの意味-議会からのニュース」. 英国議会。取得 8月6日 2019.
  24. ^ カウバーン、アシュリー(2019年10月24日)。 "'英国のEU離脱後、北アイルランドと英国の間に「時間の境界」が存在する可能性がある、と大臣は認めている」と述べた。. インデペンデント。取得 2月3日 2020.
  25. ^ 「貴族院-補完性原理:時間の季節変化の中止-欧州連合委員会」. publications.parliament.uk。取得 11月5日 2018.
  26. ^ Schaart、Eline(2018年10月22日)。 「EUの夏時間の切り替えにより、北アイルランドは英国の他の地域と歩調を合わせることができなくなる可能性があります」. ポリティコ.
  27. ^ 「北アイルランドはEUに合うようにタイムゾーンを変更しないだろう、と組合員は言う」. ベルファストテレグラフ。 2018年9月1日。
  28. ^ 「EUの季節時計の変更」. モビリティと輸送-欧州委員会。 2016年9月22日。取得 10月23日 2020.
  29. ^ ポサナー、ジョシュア;コケラエール、ハンネ(2020年10月24日)。 「季節の時間の変化で時計を止める?すぐにではない」. ポリティコ.
  30. ^ マンダリア、バビ(2020年10月24日)。 「時間変更を廃止する計画は、ヨーロッパレベルで「完全にブロック」されている、とヨーロッパ問題の専門家は言います」. プレッジタイムズ.
  31. ^ 「ロシアは夏時間のシフトで時計を戻すように設定しました」。保護者。 2014年7月1日。取得 10月25日 2014.
  32. ^ 「ブルガリアは時計を夏時間に変える3月28日-Novinite.com-ソフィア通信社」. novinite.com.
  33. ^ 「LandsforeningenmodSommertid」 (デンマーク語)。取得 2007-10-27.
  34. ^ 「EUをめぐるフォルムとジュブラー-udmelding: 'Såskalchampagnenflydeistridestrømme'](翻訳:議長はEUの発表に喜んでいます:「シャンパンは安定した流れで流れる」)」。 2018年8月31日。
  35. ^ tzデータベース
  36. ^ 「夏時間をフィンランドの議員に捨てる市民のイニシアチブ」. yle.fi.
  37. ^ 社説、ロイター(2017-10-26)。 「フィンランドはEUが夏時間をあきらめることを望んでいる」. ロイター.
  38. ^ ポール、イボンヌ(1999)。 「LaFranceàl'heureallemande」 (PDF). Bibliothèquedel'ÉcoledesChartes (フランス語で)。 157 (2): 493–502. 土井:10.3406 / bec.1999.450989。取得 1月11日 2012.
  39. ^ a b Thorsen、Steffen。 「フランスとスペインが「ダブルサマータイム」に突入""。 Time and Date.com。取得 1月11日 2012.
  40. ^ 1979年までのドイツのDSTおよび真夏のDST、Physikalisch-TechnischeBundesanstalt。 (2010)
  41. ^ エガート、ポール(2013-03-02)。 「tzcode2013aおよびtzdata2013aが利用可能」。 tz-発表。
  42. ^ オルソン、アーサーデビッド(2012-03-03)。 「DEの新しいゾーン、ヨーロッパ/ベルリンから分割」。 gmane.comp.time.tz。
  43. ^ 「AλλάζειτηνΚυριακήηώρα-Οιδείκτεςτωνρολογιώνμιαώραπίσω|カシメリニ」. www.kathimerini.gr。取得 2019-04-04.
  44. ^ ニュースルーム(2018-03-18)。 「Πότεθααλλάξειηώρασεθερινή」. CNN.gr (ギリシャ語)。取得 2019-04-04.
  45. ^ Βεβελακη、Αμαλια(2008-11-24)。 「Ιστορίεςθερινήςώρας」. Ειδήσεις--νέα--ΤοΒήμαオンライン (ギリシャ語)。取得 2019-04-04.
  46. ^ 「EUR-Lex-22001D0095-EN-EUR-Lex」. eur-lex.europa.eu.
  47. ^ 「オランダのタイムゾーンの歴史」. Timeanddate.com。取得 2018-11-06.
  48. ^ 「Hvaersommertid?」. Forskning.no (ノルウェー語)。取得 2007-10-27.
  49. ^ 「HoraLegaldesde1911」 [1911年からの法定時間](ポルトガル語)。
  50. ^ 「1911年5月26日の法令」 (PDF) (ポルトガル語で)。取得 1月23日 2020.
  51. ^ 「ポルトガルのタイムゾーン」. www.timeanddate.com。取得 1月23日 2020.
  52. ^ 「LegislaçãosobreaHoraLegal」 [法定時間に関する法律]。 oal.ul.pt。 ObservatórioAstronómicodeLisboa。取得 1月23日 2020.
  53. ^ 「天文台-オラデバラ」 (ルーマニア語)。取得 2008-11-15. 1932年以降のすべての過去の夏時間の開始日と終了日を含むテーブルが含まれています。
  54. ^ 「ロシア、モスクワのタイムゾーンと時計の変更1900〜 1924年」. www.timeanddate.com.
  55. ^ a b c d マーシャゲッセン(2012年10月1日)。 「ロシアは時計を戻すのだろうか?」. 緯度:世界中からの眺め。インターナショナルヘラルドトリビューン。取得 1月4日 2013.
  56. ^ 「ロシアの首相は夏時間を約束します」。 Time andDate.com。 2012年2月8日。取得 1月4日 2013.
  57. ^ 「ロシアは一年中冬に移動します」. BBCのニュース。 2014年7月22日–www.bbc.co.uk経由。
  58. ^ "РФвернетсяк"зимнемувремени "26октября". Российскаягазета.
  59. ^ 「スペイン、マドリッドでの夏時間の変更2019」.
  60. ^ 「スペイン、カナリア諸島、ラスパルマスのタイムゾーンと時計の変更」.
  61. ^ Nattenmellanlördagochsöndaggårviövertosommartid (スウェーデンの)
  62. ^ Sommartidblirvintertid-äveniSL-trafiken (スウェーデンの)
  63. ^ ChF、Chancelleriefédérale。 「投票番号」. www.admin.ch.
  64. ^ "Seit 30 Jahren Sommerzeit in der Schweiz". www.suedostschweiz.ch.
  65. ^ 「2011年に夏時間を廃止するトルコ」. トルコのデイリーニュース。 Worldtimezone.com。 2008年8月19日。取得 2010-06-25.
  66. ^ 「トルコは1日後に夏時間に切り替わります」。世界速報。 2011年3月10日。取得 2011-03-12.
  67. ^ 「トルコの選挙は夏を遅らせる」。世界速報。 2014年3月23日。取得 2014-03-30.
  68. ^ 「トルコで夏時間の終了が遅れた」。ヒュッリイェット。 2015年9月30日。取得 2015-10-07.
  69. ^ 「トルコで冬の時間の遅れ」。ヒュッリイェット。 2016年9月8日。取得 2016-09-08.
  70. ^ a b ウクライナは夏時間の使用をキャンセルします, キエフポスト (2011年9月20日)
  71. ^ a b c ウクライナは10月30日に標準時間に戻る(更新), キエフポスト (2011年10月18日)
  72. ^ 議員は冬の時間をキャンセルしました、WorldTimeZone.com(2011年9月20日)
  73. ^ ウクライナは冬時間の変更を取り下げる計画をキャンセルします, キエフポスト (2011年10月18日)
  74. ^ 「DPRとLPRはモスクワ時間に切り替わります」. ITAR TASS。 2014年10月26日。取得 8月15日 2015.
  75. ^ 「全文-夏時間-英国法-1997年夏時間命令」. www.webexhibits.org.
  76. ^ 「英国夏時間」. greenwichmeantime.com。取得 8月11日 2020.

参考文献

Pin
Send
Share
Send